[ 質の学習 ]&[ 量の学習 ]

新型コロナウイルスの影響により,心的にも身体的にも,そして学習面でも,新学期スタート & GW が,なんともスッキリとしない状況です。
そして,センター試験から大学入学共通テストへと変わり,調査書や志望理由書,活動報告書,学修計画書などが配点化され … と,入試内容は新しくなります。

共通テストは,英語 [ リーディング + リスニング ] & [ 100 点 : 100 点 ] に変更となり,リーディングの内容も,発音・語彙問題はなく,ほぼ読解問題のみで構成されるものと考えられます。
外部検定試験(英語4技能)も “ 撤廃 ” ではなく,総合型,推薦型入試では受験必須となるケースがほとんどです。
他教科でも,問題の長文化,複数資料からの読みとり,正解の組み合わせが一つではない連動型問題 … 等々,“ 出題されてみないと,よく分からない! ” という,これまたなんともスッキリとしない状況です。

こんなときこそ,忘れてはならない 《 重要ポイント 》 が3つあります。

◯ とりあえずここ1週間で何をなすべきなのか? という短期的学習計画
◯ 夏休みまでの期間は 《 質の学習 》 の期間!
夏期講習こそが 《 量の学習 》 のスタート!

[ 短期的学習計画 ]

受験生には 『 合格 』 という “ 確かな ” 目標がありますので,英単語集は 8 月までに完成させよう … とか,苦手な物理の問題集はとにかく 10 月までには終わらせよう … などと,長期的な視点で学習計画を立てることが多いものです。
しかし,この学習計画法には,計画全体のなかで一つでも計画どおりにいかない部分があると,すべての学習計画を立て直さなければならない … という問題点が潜んでいます。
そこで,“ とりあえずこの3日間はコレに集中 … ” という具合に,短い期間・時間を区切って,最も優先度の高い学習計画に絞り,なすべき小計画1~2個程度を並べて,短期学習計画を立てる方法がオススメです。
『 短期 』 とは,長くても 10 日間程度にする(2時間 ✕ 3 … という集中型も可!)ということです。
新型コロナウイルス禍の影響で夏休み期間が短縮される可能性が大きいことから,今年度は特に [ 短期的学習計画 ] を意識する必要性があるといえそうです。
大きな学習量・演習量をともなう学習計画は,いくつかの小さな計画パーツに分割するように心がけましょう!

[ 質の学習 ]

授業,教科書・テキスト … まずは,教わったことを何度か反復復習して,暗記 & 理解するほどに 《 質 》 を高めていきましょう。
多少の類題演習などで理解を深めることは大切ですが,“ 分かったつもり ” で早々に大量の類題演習に突入してしまったために,機械的な解き方は覚えたものの,実は 《 理解 》 していたわけではなかった … などという事態に陥るケースに多く出逢います。
同時に,《 反復復習 》 とは1回あたりの復習時間の長さを学校での授業1コマの長さに合わせて行なうことが重要です。理解できないからといって長い時間をかけてしまうことを回避するためです。
《 質の学習 》 ポイントは,復習を数回程度反復することにあるのです。

[ 量の学習 ]

夏期までの期間は 《 質の学習 》 ですが,夏期から 《 量の学習 》 がスタートします。
それまでに [ 暗記 & 理解 ] したことを活用して大量演習にのぞみます。
特に,英語長文読解は1日に2~3題程度,数学演習は記述型大問を1日に5題程度をノルマとして頑張ります。
《 量の学習 》 は “ 解けるまで頑張る! ” ではなく,例えば数学1題 30 分のように時間制限を設けて,ノルマの問題数を解き進めていきましょう。
夏期が短縮日程となる可能性大の今年度は,やはり,1日ごとの演習量(ノルマ)をきちんと意識し実践する重要性が高いともいえますね!

そのために,是非とも予備校の 『 夏期講習 』 をフル活用して,演習量をこなしていくのがオススメです。
(『 夏期講習 』 という強制力の存在,教室内にライバルの存在,自分の飛躍力への期待感,解説講義を受ける … これらこそが,合格力の原動力となります!)

☆☆☆ 次回は [ 成績アップのポイント - Grit ] の予定です。 ☆☆☆

投稿者プロフィール

繁泉 祐幸
繁泉 祐幸
東北大学理学部卒。かつては大手予備校・仙台校事務局長として運営全般の責任者を務めていたが,本校においては入試分析室・室長として、東北6県の高等学校に赴いて講演活動等を行う。
受験に対するモットーは『合格は100%技術である。』
 著作 『 The 王道 S5式メタ認知型 学習編 』
    『 The 王道 S5式メタ認知型 指導編 』
 (プリパス WEBSHOP 知恵の館文庫)

関連記事

  1. 模試と合格可能性判定の舞台裏 その1

  2. 受験校決定ポイント

  3. オープンキャンパスは入試に影響する?

  4. 成績アップのポイント - Grit

  5. 演習専科「Yトレ」

  6. 模試と合格可能性判定の舞台裏 その3