センター試験直前《 必須 》対策ポイント

センター試験直前期における《 必須 》対策ポイントは3つあります。
1つめは,センター試験過去問題は,本試験・追試験を含めて,必ず5年間分を演習すること。
2つめは,過去問題演習において,時間配分をきちんと厳守するように心がけること。
2つめは,7~8時間の睡眠をきちんと確保すること。

[ 5年間分センター試験過去問題演習 ]
過去問題をしっかりと演習すること … とお話ししますと,『それって暗記ですよね?』とか『同じ問題は二度と出題されないのでは?』と相談を受けることがあります。確かに,機械的で作業的な学習法と解釈されてしまう可能性がありますし,“同じ問題” が二度も出題されることはないようです。
しかし …

  • 類似した考え方・解法,隣接する領域からの出題等が多く,複数年の過去問題を演習することで,頻出する分野の対策を充分に行なうことが可能となる。
  •  “ まんべんなく ” 勉強する時期と,頻出問題・標準問題に集中すべき時期とがあるが,センター試験直前期は《 頻出領域の集中学習 》が最も軸となる時期として,学習効率を上げていくべき時期である。
  • 実際に5~6年間分の過去問題(本試験,追試験を含む)をしっかりと演習した先輩ほど,高得点を獲得している傾向が強い。

少なくとも上記の3項目を指摘することができます。
つまりは[ 5年間分センター試験過去問題演習 ]が最も重要な演習課題であるといえます。

[ 時間配分の厳守 ]
模擬試験が終わり,解答解説を開くと …
あぁ ~ やっぱりそうかぁ ~ 時間が足りなかったなぁ …
という嘆き(?)が聞こえてくることがあります。もちろん解き方や答えが “ 分かっていた ” としても,時間内で答案紙・マークシートに記入しなければ得点にはなりません。残念ながら “ 分かっていなかった ” ことと同じになってしまいます。ところが “ 解ける ” ことを重視するあまり《 時間内で解く 》という大切な要素にきちんと向き合う時間が不足しているのが現状ではないでしょうか。

  • 《 5年間分センター試験過去問題演習 》において,時計を見ずとも,どれくらいの時間が経過したのか,この問題は何分で仕上げるのか … という《 時間配分 》,つまり[ 時間管理 ]を意識すべき時期にきている。

時間管理を体得するには,短くとも2週間程度は必要です。訓練期間は長いほど有利となりますが,強く意識することでも効率がよくなっていくものです。
特に “ 5分間 ” という時間を意識していくこと,“ 5分間 ” をきちんと使い切るという意識と実践とが重要な時期となっています。
(記述式問題でも,小問(1)くらいは5分間で解けるようになってきますよ!)

[ 睡眠時間の確保 ]
“ センター試験会場には魔物が住んでいる ” というフレーズを耳にすることがあります。もちろん都市伝説でしかありませんが,そのように思える現象・受験生に出逢うことは確かにあります。そのために,リスクは少しでも減らしていくことが必要です。
では,リスク回避策として,今すぐにできることは何でしょうか?

受験生の《 武器 》は[ 脳 ]である。

  • その大切な武器になる臓器は,酸素不足,ブドウ糖不足,そして睡眠不足に対して,とても弱い。
  • 酸素不足には深呼吸が効果的であり,ブドウ糖不足にはふだんからの食事に気を配ることが肝要。
  • 睡眠不足(睡眠負債ともいわれる … )には,なんといっても,試験前に充分に睡眠をとることが必要となる。

センター試験はメンタル勝負という言い方も可能です。自分のアタマを大切にしなければなりません。悩みや不安や焦りなどは受験生につきものですが,それゆえに,しっかりと睡眠をとりましょう。

寝入りばなの 90 分が “ 深く質のよい睡眠 ” であれば大丈夫とも言われます。
今日から,充分に勉強した自分を褒めてあげて,次に,しっかりとした睡眠を意識し実践していきましょう!

投稿者プロフィール

繁泉 祐幸
繁泉 祐幸
東北大学理学部卒。かつては大手予備校・仙台校事務局長として運営全般の責任者を務めていたが,本校においては入試分析室・室長として、東北6県の高等学校に赴いて講演活動等を行う。
受験に対するモットーは『合格は100%技術である。』
 著作 『 The 王道 S5式メタ認知型 学習編 』
    『 The 王道 S5式メタ認知型 指導編 』
 (プリパス WEBSHOP 知恵の館文庫)

関連記事

  1. 受験校選定ポイント

  2. 大学受験に必須!高校生のための読解力のつけ方

  3. 入試直前の準備と仙台市内の受験会場・交通手段・宿泊案内

  4. 《 つなぐ力 》 の正体とは ?

  5. 講師紹介:入試分析室室長 繁泉 祐幸

  6. もうすぐ三者面談…進路が決まっていない高校生へ(前編)