『 受験共育 』宣言!

『 教育 』『 共育 』

一般的に予備校の果たす役割と言えば,単に学科試験の点数や偏差値を上げる事にあります。
しかし,新しい入試においては 『 学力の3要素 』 が示す 『 知識・技能 』 等の数値化し易い学力よりも『 主体性 』 や 『 思考力 』 に代表される従来の試験では数値化し難い学力の評価に比重が置かれるようになりました。

もとより本校では『 主体性 』 や 『 思考力 』 等は成績伸長を下支えする最も重要な学力と捉え,この学力の強化育成こそ,養賢ゼミナールの予備校の使命と考えております。本校は開校以来,本校独自の 『 受験共育 』 を実践して参りました。そのために全てのカリキュラムにおいて養賢生と教職員との双方によるコミュニケーションを重視し,徹底した 『 生徒理解 』 に努めております。全教職員が養賢生一人ひとりの個性や適性を的確に理解し,一人ひとりの養賢生に最適化された指導を行うために全教職員も生徒から学ぶ姿勢を謙虚に持つことこそが,養賢ゼミナールの目指す 『 受験共育 』 に不可欠と確信しているからです。

YOKEN 式受験共育
一.教職員も,生徒一人ひとりから学び,その生徒のために最適な学びの環境を共に育み,作り上げること。
二.見える学力と見えない学力を共に育むこと。
三.個別指導と一斉授業とコーチングの3種類の教育を共に行うこと。

[ 校長 中村 英俊 ]

投稿者プロフィール

養賢EXPRESS編集部
養賢EXPRESS編集部
こんにちは!養賢EXPRESS(ようけんエクスプレス)編集部です。先日、近くのお寺にこんなことが書いてありました。『きっかけさえ掴めば伸びる、どんな子も。』この養賢EXPRESSも、皆さんにとっての“きっかけ”になれるよう配信して参ります。

関連記事

  1. 面接・小論文対策のポイント

  2. 読書のオススメ

  3. [ 質の学習 ]&[ 量の学習 ]

  4. みえる力 & みえない力

  5. はじめての共通テスト

  6. 冬期講習受講のオススメ